龍海院

前橋藩主酒井家菩提寺



お知らせ
リンク
日曜参禅会
酒井雅楽頭家顕彰会
地図アクセス
年間行事
歴史
酒井家と龍海院
龍海院について
home




写真1

歩み

 当初、前橋で寺が建設されたのは岩神村でしたが、火災のため、現在地の柿ノ宮村(現紅町)に移転。元禄八(1695)年、五代藩主酒井忠挙公によって行われた大規模な造営で、御霊屋、本堂、御衛堂、書院、衆寮、庫裏、方丈が整備されました。
 大きな転機は、寛延二(1749)年、九代忠恭公の時の姫路転封。龍海院は前橋に留まる道を選びましたが、その後も龍海院は酒井氏の菩提寺であり続け、文政年間にも大規模な伽藍の再興整備が行われています。

写真2


写真3





photo